リスボン観光、旅人体験談!はじめてリスボンに行く方におすすめ!

リスボン観光、旅人体験談!はじめてリスボンに行く方におすすめ!

1週間リスボン観光を楽しんできた筆者による、リスボン観光情報です。 おすすめ観光情報、知っておくとお得な情報、実際食べた食事、失敗談もシェアします! この記事を読んでからリスボンに行けば、より良い旅を過ごせること間違いなしです!


美しい7つの丘の街、リスボンへ

ユーラシア大陸の最も西に位置する国、ポルトガル。その首都のリスボンは、7つの丘からなり、オレンジ色の屋根の街並みやテーヌ川など、丘の上からの眺望も素晴らしい、観光におすすめの街です。食べ物も、日本でも人気のエッグタルト(パステル・デ・ナタ)をはじめとした黄色いお菓子の数々、素朴な味の干しダラ(バカリャウ)といった魚料理など、とても美味しいです。あなたもぜひ、歴史を感じることの出来るリスボンの街を訪れてみてください。

リスボンのおすすめ観光スポット7選!

リスボンは、街のどこをとっても歴史が詰まっていて、絵になる美しい街です。そんなリスボンの街で人気の観光スポット7選を、1週間リスボンに旅行した筆者の経験を踏まえてご紹介いたします。

ベレンの塔

ユネスコ世界遺産に登録されているベレンの塔は、16世紀、ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周を称し、マヌエル1世の命によって作られました。
この大航海時代の繁栄を表す、ポルトガル独自の芸術様式であるマヌエル様式の海やキリスト教をモチーフとした豪華な装飾が見所です。
作家の司馬遼太郎が「テージョ川の貴婦人」と評しています。
筆者は、中に入ることが出来ない定休日の月曜日に訪れたため、中には入場できませんでした。
塔にのぼって内部見学、美しいリスボンの眺めを堪能されたい方は、ご注意ください。

場所はベレン地区で、リスボン中心地からは、トラムやバスで行くことができます。
筆者は、地下鉄(メトロ)のグリーンラインも通っているカイス・ド・ソドレ( Cais do Sodré)駅から、国鉄の近郊列車のカスカイス線に乗り換えてベレン駅から25分ほど、歩いていきました。テージョ川沿いを歩くのも気持ちよかったので、時間がある方は鉄道もおすすめです。駅からベレンの塔の途中で後にご紹介する【発見のモニュメント】も見つかりますよ。

ジェロ二モス修道院

ユネスコ世界遺産に、ベレンの塔と合わせて登録されているジェロ二モス修道院は、エンリケ航海王子やヴァスコ・ダ・ガマの偉業を称えて、マヌエル1世の命で建てられました。
16世紀に建設が始まり、19世紀になって完成したジェロ二モス修道院は、ベレンの塔と同じ、ポルトガル独自の豪華な装飾のマヌエル様式の最高峰として知られます。

この修道院には、ヴァスコ・ダ・ガマの棺や、ポルトガルの偉大な詩人と知られるカモンイスやペソアの棺も安置されています。

場所はベレン地区にあり、ベレンの塔からは徒歩15分ほどです。

ジェロ二モス修道院を訪れる際には、ぜひ近くの1837年創業のパステイス・デ・ベレンで、リスボンで最も美味しいと大人気のエッグタルト(パステル・デ・ナタ)を食べに行かれてください。
ジェロ二モス修道院が1820年のポルトガルで起きた自由主義革命により閉鎖された際に、修道士や修道女が修道院で作っていたエッグタルト(パステル・デ・ナタ)を売り始めたのがこのお店の起源です。ポルトガルではエッグタルト用の砂糖とシナモンが置いてあることが多いので、そちらもお好みで試してみてください。

Pastéis de Belém

https://pasteisdebelem.pt/en/

ROSA is an enchanting Parallax Restaurant WordPress Theme that allows you to tell your story in an enjoyable way, perfect for restaurants or coffee shops.

発見のモニュメント

ベレンの塔、ジェロ二モス修道院と同じベレン地区のテージョ川沿いにあるのが、発見のモニュメントです。このモニュメントは、もともとは1940年のポルトガルの世界エキスポの際に建てられたものでしたが、1960年に素材をコンクリートなどに変えて作り直され完成したものです。
見所は、ずらりと並ぶ大航海時代の偉人です。船首にいるのが、エンリケ航海王子で、日本人に馴染み深い、フランシスコ・ザビエルも十字架のペンダントに手を胸の前に合わせた姿でいるので、ぜひ確かめてみてください。

モニュメントの前の地面には、世界地図が描かれていて、ポルトガルによって発見された年が刻まれています。日本ももちろん載っています。

発見のモニュメントは、入場することも有料ですが可能で、エレベーターで上に昇って、テージョ川沿いの景色など眺めることもできます。

サンタ・ジュスタのリフト

リスボンの中心、バイシャ地区とシアード地区を繋ぐ、1902年完成のリフトです。サンタ・ジュスタのリフトは、もともとは坂の多い高低差のあるリスボンの街の市民の交通手段でしたが、その美しく、街中に突然姿を現すリフトは、今はリスボンに集まる観光客に人気のスポットになっています。
バイシャ地区からは上り、シアード地区からは下りになります。

下りのリフト乗り場のそばのカルモ修道院は、1755年のリスボン大地震で屋根が崩れ、今も屋根がない状態のままになっている興味深い場所なので、サンタ・ジュスタのリフトを使う際はぜひチェックしてみてください。中は考古学博物館になっています。

サン・ジョルジェ城

リスボンのアルファマ地区の丘の上にあるサン・ジョルジェ城は、要塞化された紀元前2世紀から繋がる歴史を感じられるスポットであるとともに、リスボンの絶景を眺められる場所としても人気です。

丘の上のサン・ジョルジェ城には、リスボンの中心地Rossio駅近くのフィゲイラ広場から737番のバスで入り口まで行くことが出来るのですが、30分ほど歩いていくのもおすすめです。リスボンの街中にある無料のエレベーターを使えば、ショートカットも出来ます。
入場は有料ですが、リスボンの綺麗な絶景を堪能したい方に1番おすすめしたい場所です。

リスボン大聖堂

リスボン中心地のロシオ広場から徒歩10分のアルファマ地区にあるリスボン大聖堂は、リスボンにある最古の教会です。
建設は1147年に始まったとされ、増築を繰り返して、ロマネスク、ゴシック、バロック様式、様々な様式が見て取れます。教会の中から見えるバラ窓のステンドグラスがとても美しかったです。教会のすぐ前を黄色いトラムが通る様子は、写真撮影にもぴったりです。

サント・アントニオ教会

リスボン大聖堂のそばのサント・アントニオ教会は、リスボンの守護神の一人、聖アントニオを祭っている教会です。毎年6月には、聖アントニオ祭がリスボンの街で開かれて、パレードが行われます。聖アントニオは縁結びに関する聖人でもあるので、その日には想いを寄せる人にバジルを贈って告白をしたり、公募で選ばれたカップルがリスボン大聖堂で結婚式を挙げたりします。
1755年のリスボン地震のあとに再建された、美しい教会です。

リスボンで見つけた筆者のおすすめ散策ポイント

アルファマ地区の路地裏

この章では筆者が街歩きをしているうちに見つけて、思い出に残ったリスボンの素敵な場所をご紹介します。

コメルシオ広場周辺、テージョ川沿いを散策

筆者は1週間のリスボン滞在中、多くの日は滞在していたアパートメントホテルの最寄り駅からメトロでリスボン中心地のバイシャ・シアード駅まで行き、そこから歩いて移動していました。バイシャ・シアード駅からテージョ川の方向に沿って歩いて5分ほどで1755年の津波や火災をもたらしたリスボン地震の後に再建されたコメルシオ広場に到着します。とても美しい荘厳な広場なのですが、私が一番思い出に残っているのは、広場の先のテージョ川の脇で、音楽を演奏していた若者たちです。
ストリートパフォーマーという風でもなく、ただ演奏したくてしているといった風のお兄さんたちをのんびり座って眺めたのが、なぜか心に残っています。

サンタ・ルジア展望台、リスボンの絶景を味わおう!

リスボンは別名7つの丘の街、つまり街を見下ろせる展望台スポットもたくさんあります。
街歩きをするだけで、たくさんの展望台に巡り合えるのですが、筆者がたまたま出くわした中で気に入った展望台が、アルファマ地区にあるサンタ・ルジア展望台です。
展望台からは、オレンジの屋根のリスボンの街並みを見下ろしたり、次に行きたい教会を探したり。美しいアズレージョに描かれている街並みなども興味深かったです。少しこじんまりとした、可愛らしい展望台でした。

ローカルな香りが見つかるバイロ・アルト地区

リスボンの街歩きといえばアルファマ地区かもしれませんが、筆者の心により残っているのは、カイス・ド・ソドレ駅から、きつい坂をのぼってバイロ・アルト地区を通って、ロシオ駅中心まで歩いて帰った道です。バイロ・アルト地区は、ポルトガルの誇る様々な感情を感じることができる素晴らしい音楽、ファドを聞くことが出来るレストランなどが集まっていることでも人気です。

私がバイロ・アルト地区の坂をのぼったのはまだレストランが開く前の夕方。
地元のお父さんたちが、小さいお子さんを連れて歩いていらしたのが印象的でした。
学校などの送り迎えだったのかな、なんて想像したりするのも楽しかったです。

ふと見つけた日本食レストラン、BONSAIや、雰囲気たっぷりのローカルな道。
またぜひ訪れたいと思う素敵な路地でした。

観光に使えるリスボアカードとは?お得な使い方をご紹介!

リスボアカードとは、リスボンの観光カードで、メトロ、バス、トラム、ケーブルカー、ポルトガル鉄道カスカイス線、シントラ線が乗り放題、観光スポットにもカードで無料で入れたり、割引になったりする便利なカードです。

料金は、大人24時間で20ユーロ、48時間で34ユーロ、72時間で42ユーロ。
リスボン空港にもある、ツーリストインフォメーションで買うことができます。

リスボン空港のツーリストインフォメーション

例えば、24時間の券で、カスカイス線などを使いベレン地区に行き、ベレンの塔、ジェロ二モス修道院、バイシャ地区でサンタジェスタのリフトに乗り、その上の展望台に行けば、20ユーロのもとがとることができます。
(カスカイス線は、カイス・ド・ソドレ駅からベレンまで片道1.35ユーロ、ベレンの塔とジェロ二モス修道院は、セット価格で12ユーロ、サンタジュスタのリフトは5ユーロ、リフトの展望台は1.5ユーロ)
世界遺産のあるベレン地区をまわる1日をリスボアカードにあてれば、もとを取りやすいです。

Lisboa Card - The Official Lisbon Card

https://www.lisboacard.org/

Save time and money with the Lisboa Card - the official tourist pass of Lisbon. Click here for prices, reviews and an updated list of discounts.

メトロ、バス、トラム、ケーブルカーの共通カードのヴィヴァ・ヴィアジェンカード(Viva viagem card)については、次章で詳しく取り上げます。

リスボンの公共交通手段はカードにチャージして使おう!

リスボンのメトロ、バス、トラム、ケーブルカーといった公共交通手段は、ヴィヴァ・ヴィアジェンカード(Viva viagem card)という紙のカードにチャージして使用します。

筆者はリスボン空港から泊まり先の最寄り駅までメトロで移動したので、その際にはじめに切符自動販売機で、0.5ユーロで買う必要がありました。メトロはこのカード(またはリスボアカード)がないと、乗れない仕組みになっています。このカードにチャージして切符代わりに使います。

また、トラムとバスは、車内でも切符を買うことができるのですが、トラムは車内購入だと1回乗車券が3ユーロなのが、ヴィヴァ・ヴィアジェンカードだと半額の1.5ユーロに、バスも車内購入だと2ユーロが、ヴィヴァ・ヴィアジェンカードだと1.5ユーロになります。トラムとバスの中ではヴィヴァ・ヴィアジェンカードを買えないし、チャージもできないので、メトロの駅の券売機でカードを購入しチャージしなければなりませんが、チャージした方がお得に利用できます。

ヴィヴァ・ヴィアジェンカードは、24時間乗り放題のメトロ、バス、トラム、ケーブルカーの共通券6.4ユーロというのもあり、公共交通機関を多く使う場合はお得に使えます。

リスボンで食べたい!人気のおすすめフードコート!

TIME OUT MARKET LISBOA

ポルトガル料理は、しつこくない素朴な味わいで魚介類も美味しく日本人の口に合うといわれています。

魚介類の中でもおすすめなのが、干しダラのバカリャウです。
日本より一人当たりの魚の消費量が多いポルトガルで最も食べられている魚で、そのレシピは365日違うものを出せるぐらいと言われています。

気軽に美味しいポルトガル料理を食べたいあなたにおすすめなのが、カイス・デ・ソドレ駅のそばにあるタイムアウトマーケット。とても立派なフードコートで、好きなお店の好きなメニューを選んで気軽に食べることができます。

私はリスボンに行くと決めてから、ずっと食べたかった干しダラのコロッケをCroqueteriaで食べました。あとゴートチーズの入ったコロッケもあったので、そちらも選びました。

他にも、タイムアウトマーケットでは、別のお店で見つけた手頃な値段のイワシ料理も食べましたが、美味しかったですよ。

リスボンで泊まるなら、アパートメントホテルもおすすめ!

今回リスボンに筆者は1週間滞在しましたが、予算的にホテルだと高くつくし、キッチンで自炊も出来て、洗濯機で洗濯も出来ることから、アパートメントホテルを利用しました。

2つのアパートメントホテルを利用しましたが、どちらもオーナーの方が事前に連絡も取ってくれて、おすすめの近くのスーパーを教えてくれたり、ドライヤーが壊れていたけど新しいのを持ってきてくれたりと親身に対応してくれて助かりました。

ポルトガルのスープ、Sopa de pedra(缶詰)

1つ目の滞在先は調味料など置いていなくて少し困りましたが(調味料のいらない、缶詰のスープやパンなど食べていました)、2つ目の滞在先は、塩や油などに加えて、以前の利用者が残してくれたお米や卵まであり、助かりました。食事に関しては、ポルトガルは外食もおさえようと思ったら値段をおさえられるので、私は1週間の滞在中、夕食は外食と自炊、半々ぐらいにして過ごしました。

ホテルと比べたら、送迎サービスなどないところがほとんどですし、24時間コンシェルジュがいてくれる訳でもないですが、アパートメントホテルも使い勝手が良かったので、参考にされてみてください。

リスボンでしてしまった!筆者の失敗談や注意点

この章は、リスボン観光を1週間した筆者から、これからリスボンに行く皆様へのアドバイスです。

雨の日の石畳に注意!スニーカーでも滑る!

私がリスボン観光したのは、12月中旬だったのですが、細かい雨が降ることが多かったです。靴は、坂道を歩きやすいようスニーカーを選びましたが、次回はもっと滑り止めがしっかりとした靴を選ぼうと思います。リスボンの道は、石畳の坂道が続くのですが、石の大きさが細かく、下りだと特に、とても雨で滑ります。
何度かこけて筆者はひざから流血しました。宿に備わっていた救急セットの中の消毒液を使わせていただきましたが、これから行かれる皆様は、靴選びにお気を付けください!

メトロの切符自販機で大きいお金が使えない!

メトロの切符自販機は、実は10ユーロ以上のお釣りを出せなくなっています。
なので、20ユーロ札や50ユーロ札も使えると表示がありますが、シングルチケット1.5ユーロをチャージしただけでは、20ユーロ札すら使えないのです。

アズレージョ美術館で入場チケットを買おうとした時も、5ユーロのチケット1枚に対して、20ユーロ札をお釣りがありませんと扱ってもらえず、細かいお金を持っていなかったため入場できないという事件も筆者は見舞われました。日本の1万円札を崩せるという感覚は、ポルトガルに持ち込めないのだと悟った出来事でした。ちなみにアズレージョ美術館に入れなかったあと、筆者は一駅ほど歩き、ファド博物館で20ユーロ札を再トライして受け取ってもらえました。

駅のエスカレーターが止まってる!

リスボンの1週間の滞在中でも4回ぐらい駅のエスカレーターが止まっているのに出くわしました。観光都市リスボンの中心地、バイシャ・シャドー駅の地上に出るエスカレーターまで止まっていたのには、びっくりしてしまいました。多分、エスカレーターの故障だと思うのですが、よく起こるといった印象です。
スーツケースなど運ぶ際、お気を付けください。

ポルトガル語の【ありがとう】は、女性と男性で言い方が違う!

リスボンの蚤の市、女泥棒市(Feira da Ladra)

ポルトガル語で【ありがとう】は、ずっと、【オブリガード(Obrigado)】だと信じて生きてきた筆者でしたが、実はオブリガードは男性が使う場合で、女性が使う場合は【オブリガーダ(Obrigada)】が正しいそうです。

あと、ポルトガル旅行で覚えておくといいのは、おはようの【ボン・ジア(Bom dia)】、こんにちはの【ボア・タルジ(Boa tarde)】です。お店でのお会計時や、スタッフの方などに声をかける時に使えます。

リスボンには宿泊税がある!

宿泊したインテンデンテ駅周辺

ヨーロッパの都市には、それぞれ宿泊税というものがあることが多いです。
宿泊先に1泊いくらという形で、チェックイン時やチェックアウト時に払います。

リスボンの宿泊税は1泊2ユーロで、8泊以上になると7泊分のみ請求されます。

基本的に宿泊先からの請求料金とは別に宿泊税がかかります。

筆者は滞在したアパートメントホテルのオーナーに直接確認し、宿泊税を現地で払いました。

これで安心!リスボンを楽しんで来てください!

テージョ川にかかる4月25日橋

リスボン観光情報を、ここまで経験談をもとにお伝えいたしました。
筆者の失敗談や、事前に調べていなくて損した情報も記したので、この記事を読んでくださった方は、きっとより良いリスボン観光が出来ると思います。

筆者は1週間リスボンに観光で滞在しましたが、またリスボンやポルトガルの他の街を訪れたいと思っています。
日本人にとって、メジャーな観光先では、リスボンはまだそこまでないけれど、一度訪れたら、深くその魅力にはまってしまう、そんな場所だと感じました。
皆様も、リスボン観光をぜひ楽しんでこられてください!

☆リスボン観光の記事を読んでくださった、あなたにおすすめ!
リスボンから、バスで片道1時間の距離にある村、オビドスについての記事です!!

オビドス観光、王妃に贈られたポルトガルの小さな村で過ごす優しい時間♪

http://www.sakurry.com/articles/1892

ポルトガルの首都、リスボンからバスで片道1時間。城壁に囲まれた小さな村オビドスは、その美しさに魅了された王妃のために王が贈ったことでも知られています。リスボンからオビドスへのアクセス方法、おすすめの場所や食事など、体験談をもとにお伝えいたします。

☆リスボン観光の記事を読んでくださった、あなたにおすすめ!
リスボンの空港についての記事です!!

リスボンの空港情報!市内へのアクセスや施設、お土産情報をご紹介!

http://www.sakurry.com/articles/1893

リスボンの空港はリスボン市街地からのアクセスも良く、空港の規模は大きくないものの、お土産物や食事エリアも充実しています。この記事では、リスボンの空港の施設情報や市内へのアクセス方法など体験談をまじえて丁寧に解説致します!

関連するキーワード


リスボン 観光

関連する投稿


ピサ観光、ピサの斜塔のある街へ!ピサで世界遺産と街歩きを楽しもう!

ピサ観光、ピサの斜塔のある街へ!ピサで世界遺産と街歩きを楽しもう!

有名なピサの斜塔のあるピサは、イタリアのトスカーナ州、花の都フィレンツェから電車で1時間ほどの距離にある、おすすめの観光地です。ピサの斜塔に行く前に知っておくと、より旅を楽しめる情報や、中世の街並みが残る美しいピサの街のおすすめ観光スポットを厳選してお伝えいたします。


オビドス観光、王妃に贈られたポルトガルの小さな村で過ごす優しい時間♪

オビドス観光、王妃に贈られたポルトガルの小さな村で過ごす優しい時間♪

ポルトガルの首都、リスボンからバスで片道1時間。城壁に囲まれた小さな村オビドスは、その美しさに魅了された王妃のために王が贈ったことでも知られている、ロマンチックな人気の観光地です。リスボンからオビドスへのアクセス方法、おすすめの場所や食事など、体験談をもとに観光情報をお伝えいたします。


リスボンの空港情報!市内へのアクセスや施設、お土産情報をご紹介!

リスボンの空港情報!市内へのアクセスや施設、お土産情報をご紹介!

リスボンの空港はリスボン市街地からのアクセスも良く、空港の規模は大きくないものの、お土産物や食事エリアも充実しています。この記事では、リスボンの空港の施設情報や市内へのアクセス方法など体験談をまじえて丁寧に解説致します!


気軽に行ける海外旅行!!オススメ海外ランキング☆~アジア圏~

気軽に行ける海外旅行!!オススメ海外ランキング☆~アジア圏~

最近旅行に行っていますか? 普段生活している場所から離れ、旅先でゆっくりするのも、レジャーを楽しむのも大切ですよね!! でもあんまり休みが取れない、という方も多いと思います。 なので今回は、そんな中でもやっぱり旅行はしたい!という方に気軽に行けちゃう海外旅行(アジア圏)を紹介したいと思います!


【海外旅行】とにかく格安でふらっと行くならカンボジアがオススメ!

【海外旅行】とにかく格安でふらっと行くならカンボジアがオススメ!

とにかく物価が安いカンボジア! アンコールワットという大人気の世界遺産もあります。 観光地も同じ場所に固まっているので、日数もそんなにかけることなく満喫できるんです。ですので、ふらっと行って存分に格安で楽しめる素敵な国なんです♡ 人気スポット、オススメをお伝えします♪


最新の投稿


唇のカサカサ!放置してない?iHerbで買えるリップスクラブおすすめまとめ

唇のカサカサ!放置してない?iHerbで買えるリップスクラブおすすめまとめ

かさかさの唇なんとかしたいですよね。一度リップスクラブでツルツルにしてから保湿をすると、プルンプルンの唇に蘇ります。おすすめのリップスクラブの紹介をします。


筋トレ女子は絶対見るべき、iHerbで買えるおすすめのプロテインバーまとめ

筋トレ女子は絶対見るべき、iHerbで買えるおすすめのプロテインバーまとめ

プロテインバーをおやつがわりにしたらダイエットがはかどります!プロテインバーって意外とカロリー高いし糖質も多い、種類が多すぎて選べない、そんなあなたに一番コスパが良く効果的なプロテインバーを紹介します!


愛と幸せに包まれる香り♡モテ香水はゲランのイディールに決まり

愛と幸せに包まれる香り♡モテ香水はゲランのイディールに決まり

ゲランのイディールがいい香りすぎると話題。しかも「純愛」「歓喜」「幸福」という意味が込められた香水なんです。いい香りなのももちろんですが、この香水をつけるだけで幸せにつつまれそうです♡


夏でも美白!iHerbで買える日焼け対策を完璧にするサプリリスト

夏でも美白!iHerbで買える日焼け対策を完璧にするサプリリスト

そろそろ夏が近づいてきて、美白対策が必要になってきます。日焼け止めや日傘ももちろんですが、まずはおすすめの美白に効果的な飲むサプリをご紹介します。


完全保存版♡Twitterで話題になった美白コスメをまとめて紹介

完全保存版♡Twitterで話題になった美白コスメをまとめて紹介

Twitterの美容垢の間で話題の美白になるコスメや化粧水、洗顔などをまとめました。