リスボンの空港情報!市内へのアクセスや施設、お土産情報をご紹介!

リスボンの空港情報!市内へのアクセスや施設、お土産情報をご紹介!

リスボンの空港はリスボン市街地からのアクセスも良く、空港の規模は大きくないものの、お土産物や食事エリアも充実しています。この記事では、リスボンの空港の施設情報や市内へのアクセス方法など体験談をまじえて丁寧に解説致します!


白い壁にオレンジの屋根、7つの丘の街リスボンってどんな街?

こんにちは!今回は、ポルトガルのリスボンにあるウンベルト・デルガード空港について、ご紹介します!
リスボンは、7つの丘からなる、ポルトガルの首都です。丘の上から眺める白い壁にオレンジの屋根の街並みや、黄色い路面電車が走る石畳の坂道はとても可愛らしいです。魚介料理はもちろん、日本でもお馴染みのエッグタルト(パステル・デ・ナタ)をはじめとした黄色いお菓子の数々なども楽しめます。私はイタリアから7泊8日で夫と旅行に行きましたが、リスボンは女子一人旅にも是非おすすめしたい、穏やかな美しい街です。

リスボン、ウンベルト・デルガード空港の基本情報

Lisbon Airport 空港ホームページ

https://www.aeroportolisboa.pt/en/lis/home

Official website of Lisbon Airport – Departures and arrivals, airlines and destinations, access, parking reservation and more. Have a nice trip!

ポルトガルの首都、リスボンにある国際空港の名称は、ウンベルト・デルガード空港です。
2016年に、それまでの名称であったポルテラ空港から、独裁者として知られるサラザールに対抗したウンベルト・デルガード将軍にちなんで改名されました。

空港シャトルバス

リスボン市街地まで、地下鉄やシャトルバスで30分程度と近いです。
ターミナルは2つあり、通常のターミナル1とLCC用(Blue Air, easyJet, Norwegian, Ryanair, Transavia, Wizz Air 用)のターミナル2に分かれています。
日本からの直行便はありません。私の場合は割引クーポンがあったので、エールフランスを使って、パリ経由で行きました。

ウンベルト・デルガード空港からリスボン市内へアクセスする方法

空港からリスボン市街地は近く、移動もしやすいです。私はバックパック1つで荷物も少なかったので地下鉄を利用しました。地下鉄、バス、タクシーのそれぞれの手段を使ってリスボン市街地へアクセスする方法をお伝えいたします。

地下鉄でリスボン市内へアクセスする場合

空港の到着出口を出て屋外ロータリーに出るとAerobusという空港シャトルバスの乗り場があります。Line 1とLine 2があり、リスボン市街を巡るルートはLine 1です。

https://www.metrolisboa.pt/en/

リスボンのメトロのホームページ。時刻表検索や路線図もダウンロード可能。

空港のターミナル1から地下鉄のAeroporto駅は、繋がっています。到着ロビーから地下鉄を意味するメトロの方角の表示に沿って歩けばすぐです。ただ、メトロを表す図が小さめだったりするので、お気を付けください。

メトロの表示に沿って空港の外に出ます。

すぐに、赤いメトロの駅を示す「М」マークの目印が見つかるので、階段で下に降りれば地下鉄駅です。
地下鉄は朝の6時半が始発で深夜1時が終電になっています。

メトロの切符自動販売機の最初の画面

切符は、はじめに0.5ユーロのチャージできるカードを購入する必要があるので、ご注意ください。
メトロの切符自動販売機で、最初にReusable card(再利用できるカード、チャージできるという意味)を手に入れましょう。Purchase your card(カードを購入する)を選択してください。
一度カードを手に入れたら、そのカードをチャージして使い続けることになるので、次回からは一番上のInsert card to reload/read(カードを挿入して読み取る)を選択して、カードを挿入口に差し込んでください。

切符自販機のおつりは10ユーロまでしか出ないので注意!

自動販売機は現金とカードが使えますが、釣銭が10ユーロ以上だと出てこないので、現金の場合は崩しておかないといけません。
メトロの1回の利用は1.5ユーロで、24時間使える1日チケット(メトロ、バス、トラム、ケーブルカー共通)は、6.4ユーロです。

チャージ式の交通カード、Viva Viagem card

また、このViva Viagem cardにチャージして使うと、リスボン市内のトラムとバスは、車内購入より安くなりお得です。トラムは車内購入だと1回乗車券が3ユーロなのが、半額の1.5ユーロに、バスも2ユーロが、1.5ユーロになります。トラムとバスの中ではチャージ式の交通カードを買えないし、チャージもできないので、メトロの駅の券売機でカードを購入しチャージしなければなりませんが、チャージした方がお得に利用できます。

地下鉄はレッド、ブルー、グリーン、イエローの4つのラインに分かれていて、空港のあるAeroporto駅はレッドラインです。
Aeroporto駅から、リスボン市街地までは30分程度で行くことが出来ます。

夜23時すぎのIntendente駅周辺

私は22時過ぎに空港に到着し、グリーンラインのIntendente駅近くのアパートホテルまで地下鉄を使って移動しましたが、乗り換えは初めてでも表示に従って進めば大丈夫でした。
10分程度間隔で運行していて、筆者は幸いにも夜でも怖い思いも特にせず、利用できました。
空港の駅でもその夜の時間帯だと、ちょうど窓口が閉まるところで、切符の買い方など聞きたいときに聞けず焦ったので、ご注意ください。

バスでリスボン市内へアクセスする場合

空港の到着出口を出て屋外ロータリーに出るとAerobusという空港シャトルバスの乗り場があります。Line 1とLine 2があり、リスボン市街を巡るルートはLine 1です。

空港シャトルバスLine 1がリスボン市内に行く

Line 1は、朝8時から夜9時まで20分間隔で運行し、折り返し駅のCais do Sodré駅までは40分程です。
Line 2は、長距離バスターミナルのSete Riosまで直通で走っていて、朝7時から夜8時まで1時間間隔で運行し、片道25分程度です。

空港シャトルバス乗り場にある切符自動販売機

チケットはオンラインの公式サイトからも購入できますが(少し割安です)、空港のバス乗り場にある自動販売機や切符売り場で係員から購入することが可能です。
料金は、大人片道4ユーロ、往復6ユーロで、往復チケットの復路のチケットは、往路のチケットを使用してから120日間有効です。

また、シャトルバスとは別に路線バスも走っています。

CARRIS

http://www.carris.pt/en/home/

リスボンの公共交通機関の会社CARRISのホームページ

空港駅を通る路線は【705】【722】【744】【783】(【208】は夜間のみ運行 Cais do Sodré – Oriente)です。
CARRIS社のサイトの以下のリンクから、ルート、時刻表検索ができます。

ルート検索例
(AIRPORT-ROSSIO SQUEAREで検索すると、空港シャトルバス、路線バス、メトロを使ったルートが示された。時刻表、乗り換え情報、運賃、二酸化炭素の排出量まで教えてくれる。)

路線バスのシングルチケットの価格は、運転手から購入すると2ユーロ、地下鉄と同じチャージ式のカードを使うと1.5ユーロです。チャージ式カードを使うときは、入り口にある機械で有効化してください。

タクシーでリスボン市内へアクセスする場合

到着階にタクシー乗り場がありますが、混むし、ぼったくりもよく起こっているようです。
出発ロビーのある2階にもタクシー乗り場があり、そちらの方が評判が良いです。
値段については、宿泊するホテルの方に、空港からだといくらぐらいになるから確認しておくのも良いと思います。

空港インフォメーション

到着階にあるインフォメーションで割高にはなりますが、タクシーバウチャーを値段を確認して購入してから乗車する方法があります。混雑時もバウチャーを買うと優先して通してくれます。
安全を大事にされる方には、こちらをおすすめします。

一般的には、アプリのUberでタクシーを呼ぶのが安心だと思います。待ち合わせは到着階ではなく、1階上の場合が多いようです。待ち時間代を取られてしまうので、待ち合わせ場所についてからの予約をおすすめします。空港の無料Wi-Fiが、繋がりにくい場合もありますので、お気を付けください。

ややこしい配置?チェックインカウンターは看板に沿って見つけよう

ターミナル1のチェックインカウンターは、成田や羽田空港の国際線カウンターのようなアイランド式のわかりやすい形ではなく、バラバラに置かれています。

はじめに自分の便がどのチェックインカウンターか、電光掲示板で確認し、看板の指示に沿って該当するチェックインカウンターの番号を探しましょう。

チェックインカウンターの配置図は、空港で見つけられませんでしたが、随所に方向を示す看板がありました。そんなに大きな空港ではないので、落ち着いて探せば大丈夫だと思いますが、早めに行っておくと安心ですね。

ポルトガルの旅の思い出に、盛り沢山の空港のお土産ショップ

リスボンの空港のターミナル1のセキュリティエリア後には、免税店、土産物ショップが集まっています。
朝6時または6時半に開き、23時に閉まるお店が多いです。
ポルトガルのお土産も数多くそろっていたのでぜひご覧になっていかれてください。

チョコレート専門ショップChocolate Loungeでは、ベルギーのチョコレートなどとともに、ポルトガルのチョコレートも取り扱っています。ポルト発の老舗のチョコレートメーカーのArcádia(アルカディア)は、ポルトワインの入ったチョコレートなど、独自のチョコレートを展開していて、旅の思い出にもおすすめです。

サッカーファンにおすすめしたいのが、スポーツショップSports at heart。ポルトガルのサッカーチームグッズも、もちろん置いています。

お酒については、乗り継ぎ地の空港の保安検査で機内持ち込み出来ない液体物として没収されるので注意が必要です。

ジンジ―ニャはサワーチェリーのリキュール。
リスボンのロシオ広場にも素敵な立ち飲みのお店があります♪

シェンゲン協定国内での乗り継ぎなら、保安検査を乗り継ぎ時にすることもないので目的地まで機内手荷物として持っていくことも出来ます。(例えば、リスボン→パリ→成田の旅程なら、パリで保安検査を受けることがありません。)そういった場合は、免税店で専用の袋にパッキングしてもらい、袋にレシートを貼って、最終目的地まで開封しない条件のもと、持っていくことが出来ます。

お土産物やさんに囲まれたセキュリティチェック後の空港ロビー

ターミナル1のセキュリティチェック後の空港ロビーの様子はこんな感じです。
お土産物ショップに囲まれたところに、待合いロビーがあります。
先にはフードコートもあり、そこでも多くの人たちが時間を過ごしていました。
写真の通りコンセント差し込み口も一部ありますが、差し込み口の隣に座らないと利用は難しいです。
この椅子のエリアからそれぞれの出発ゲートに進みます。

リスボンの空港で軽食を食べるなら、どこ?

リスボン空港ターミナル1の出発ロビーのカフェ

ターミナル1の出発ロビーのチェックインカウンターまわりにも、セキュリティチェック後も、軽食をとれる場所はあります。

リスボン空港のターミナル1のセキュリティチェック後にある、フードコート

お菓子やパンなどを提供するお店や、ファ―ストフード店、レストランも入っています。

フードコートのそばにある、老舗のお菓子屋、Pastelaria Versaillesで、ポルトガル名物のエッグタルト(パステル・デ・ナタ)を食べ納めするのも良いかもしれません

マクドナルドはタッチパネルの機械にて注文します。

リスボンの空港のトイレは無料で使える?

ウンベルト・デルガード空港のトイレは無料で使うことができます。
空港トイレは無料ですが、リスボンの地下鉄の駅のトイレや、街中の公衆トイレは有料なことが多いのでご注意ください。
ターミナル1のチェックインカウンターと待合いロビー横の女子トイレを利用しました。少し並びましたが、特に不便はなかったです。

リスボンの空港で無料Wi-Fiに接続する方法

ウンベルト・デルガード空港では無料Wi-Fiが使えます。
はじめに、【_VINCI Airports wifi】を選択します。

すると、この画面になります。
画面上の言語選択で、Englishを選択すると英語に変わります。
E-mailアドレスを入力し、

続いて、自分の住んでいる国を選びます。
利用規約、空港や空港のスポンサーからのオファ―を受けとるのを了解したら、チェックを入れて、【SUBMIT】(提出する)をクリックします。

続いてこの画面が出てくれば、接続完了です。
一度、この手順で接続した後は大丈夫でしたが、私はWi-Fiを選択してから、次の画面に何回試しても変わらず、ターミナル1の出発ロビーでは使えませんでした。セキュリティ後の待合い椅子で、再度何度か試してようやく繋がりました。隣にいた主人の携帯は出発ロビーでも繋がっていましたが、何度か試して繋がったそうです。

結果繋がりましたが、これが、空港の無料Wi-Fiしかネットの接続手段がなく、空港からUberでタクシーを呼ばなくてはいけないなどの状況だったら、相当困ったと思います。
空港の無料Wi-Fiの接続が不安定だった例もあることをお伝えしておきますね。

リスボン、ウンベルト・デルガード空港から、ポルトガル旅を始めよう!

ここまでリスボンのウンベルト・デルガード空港を体験談をもとにご紹介致しました。
規模のそんなに大きくない空港ですが、無料Wi-Fiが繋がりにくかったのとタクシーのぼったくり情報を除けば、お土産物や食事も充実していて、リスボン市街地からのアクセスもしやすく、使いやすかったです。

引き続き、筆者のリスボン観光に関する記事もぜひお読みください!
美しい風景や美味しい食事を味わえる欧州の西端、ポルトガルへの旅をおすすめいたします!

リスボン観光、旅人体験談!はじめてリスボンに行く方におすすめ!

http://www.sakurry.com/articles/1888

1週間リスボン観光を楽しんできた筆者による、リスボン観光情報です。 おすすめ観光情報、知っておくとお得な情報、実際食べた食事、失敗談もシェアします! この記事を読んでからリスボンに行けば、より良い旅を過ごせること間違いなしです!

関連するキーワード


リスボン 観光 空港

関連する投稿


ピサ観光、ピサの斜塔のある街へ!ピサで世界遺産と街歩きを楽しもう!

ピサ観光、ピサの斜塔のある街へ!ピサで世界遺産と街歩きを楽しもう!

有名なピサの斜塔のあるピサは、イタリアのトスカーナ州、花の都フィレンツェから電車で1時間ほどの距離にある、おすすめの観光地です。ピサの斜塔に行く前に知っておくと、より旅を楽しめる情報や、中世の街並みが残る美しいピサの街のおすすめ観光スポットを厳選してお伝えいたします。


オビドス観光、王妃に贈られたポルトガルの小さな村で過ごす優しい時間♪

オビドス観光、王妃に贈られたポルトガルの小さな村で過ごす優しい時間♪

ポルトガルの首都、リスボンからバスで片道1時間。城壁に囲まれた小さな村オビドスは、その美しさに魅了された王妃のために王が贈ったことでも知られている、ロマンチックな人気の観光地です。リスボンからオビドスへのアクセス方法、おすすめの場所や食事など、体験談をもとに観光情報をお伝えいたします。


リスボン観光、旅人体験談!はじめてリスボンに行く方におすすめ!

リスボン観光、旅人体験談!はじめてリスボンに行く方におすすめ!

1週間リスボン観光を楽しんできた筆者による、リスボン観光情報です。 おすすめ観光情報、知っておくとお得な情報、実際食べた食事、失敗談もシェアします! この記事を読んでからリスボンに行けば、より良い旅を過ごせること間違いなしです!


気軽に行ける海外旅行!!オススメ海外ランキング☆~アジア圏~

気軽に行ける海外旅行!!オススメ海外ランキング☆~アジア圏~

最近旅行に行っていますか? 普段生活している場所から離れ、旅先でゆっくりするのも、レジャーを楽しむのも大切ですよね!! でもあんまり休みが取れない、という方も多いと思います。 なので今回は、そんな中でもやっぱり旅行はしたい!という方に気軽に行けちゃう海外旅行(アジア圏)を紹介したいと思います!


【海外旅行】とにかく格安でふらっと行くならカンボジアがオススメ!

【海外旅行】とにかく格安でふらっと行くならカンボジアがオススメ!

とにかく物価が安いカンボジア! アンコールワットという大人気の世界遺産もあります。 観光地も同じ場所に固まっているので、日数もそんなにかけることなく満喫できるんです。ですので、ふらっと行って存分に格安で楽しめる素敵な国なんです♡ 人気スポット、オススメをお伝えします♪


最新の投稿


お酒の飲み過ぎで肌荒れが気になるなら、シリマリン(ミルクシスル)がおすすめ!

お酒の飲み過ぎで肌荒れが気になるなら、シリマリン(ミルクシスル)がおすすめ!

お酒を多く飲む人には絶対飲んで欲しいサプリ、シリマリン(ミルクシスル)。このサプリを飲んでいる時と飲んでいない時では差は歴然。お酒による肌荒れが気になる人や、二日酔いを防止したい人におすすめです。


せっかく買ったミラーレス一眼レフを有効活用!お金稼ぎたい!女子のための活用術教えます

せっかく買ったミラーレス一眼レフを有効活用!お金稼ぎたい!女子のための活用術教えます

ミラーレス一眼カメラ、買ってみたものの使いこなせなかったり、使う機会が少なかったりで、部屋の隅っこに追いやっていませんか?せっかくこだわって買ったミラーレス一眼なのだから有効利用しましょう!ミラーレス一眼を有効利用できる方法を紹介します。


iHerbのプロテインクッキーは筋トレ女子やダイエット中のおやつにおすすめ

iHerbのプロテインクッキーは筋トレ女子やダイエット中のおやつにおすすめ

プロテインが豊富で糖質はほぼゼロ!味も見た目も普通のクッキーそっくりなプロテインクッキー。ダイエットや筋トレを頑張る女子に、罪悪感なく食べられるおやつとしておすすめします!


一番コスパがいいのはどれ?MSMサプリの成分と値段を徹底比較

一番コスパがいいのはどれ?MSMサプリの成分と値段を徹底比較

人気の美肌サプリの一つMSM。iHerbにはMSMの商品が多すぎてどれを選んでいいかわからない・とにかく安いMSMが欲しいという方のために、MSMの成分と100mgあたりの値段を比較し、一番安くてMSMが多く含まれている製品ランキングを作ってみました。


もちふわ肌&サラツヤ髪になれる!【Acureアルガンオイル】の効果と口コミ

もちふわ肌&サラツヤ髪になれる!【Acureアルガンオイル】の効果と口コミ

Acure Organicsのアルガンオイルはオーガニックなのに安くて高品質。しかも顔や体、髪にも使える万能オイルなんです。アルガンオイルの優れた効果や成分、口コミについてまとめました。